フライパンのおすすめを紹介!

フライパンのおすすめ♪
鉄、ティファールなどの人気の
フライパンを紹介します。

フライパン選びで失敗しない!おすすめのフライパン

参考になったと思ったら「いいね!」お願いします♪

人気のフライパンで調理中

毎日のお料理に欠かせないフライパン。

皆さんのフライパン選びのポイントはどこですか?

今では材質や加工、大きさ、価格など様々な種類のものがあり、
どれにしようか悩んでしまいますよね。

また、高価なものを長く使いたいという方もいれば、
安いものを毎年買い替える方がいい、という方もいます。

ただ、毎日おいしいお料理を作るためにも
後悔しない買い方をしたいものです。


そこで、これから新しいフライパンの購入を考えている方へ、
失敗しない選び方、おすすめ・人気のフライパンなどをご紹介します。

ティファールが人気!コーティングフライパンのおすすめ

フライパンの種類はどのようなものがあるかというと、まず材質に違いがあります。

鉄やステンレス、アルミや銅など様々な材質があります。

そして、加工。

テフロン加工やフッ素樹脂加工、マーブルコート、ダイヤモンドコート、セラミックコートなど、
焦げ付きにくくするなどの表面加工がされたフライパンも多く販売されています。

材質も加工もそれぞれ長所短所がありますので、購入前にしっかり調べておきましょう。

表面加工されたものはお手入れが簡単なものが多く、油も少量で済むので人気があります。


T-fal(ティファール)のフライパンはこびりつかず、お手入れ簡単でおすすめ♪

お手入れ簡単!人気のティファール

世界150ヶ国で愛されているフランスの調理器具メーカーの
T-fal(ティファール)

ティファールの中でも種類が豊富なのがフライパンです。

私も少し大きめの26cmのフライパンを使っていますが、
大満足のキッチングッズのひとつで、おすすめです♪

真ん中の赤い「お知らせマーク」が適温を表示してくれるから、
絶妙のタイミングで料理をはじめられます。

そしてこびりつかないコーティングだから、
少しの油でも美味しく作れます。

何よりもうれしいのは、お手入れがとっても簡単なことですね!

食器洗いスポンジに洗剤をちょっとつけてサササッとすれば簡単に汚れを洗い流せます。

ティファールは一般的なものから、取っ手が取れて重ねて保管できるタイプのものやIH対応のもの、
ステンレス製のものなど、種類は豊富です。

ティファールをひとつ持っていると、本当に便利なので、おすすめです。


経験者が語るティファールのフライパンの長所と短所はこちら >>

人気の鉄のフライパンのおすすめ

鉄のフライパンが人気

最近、人気なのが鉄製のフライパンです。

鉄製のものは、お手入れがしにくいのではと敬遠する方も
多かったのですが、最近はお手入れが楽で、しかも長く使える
製品が多く、人気があります。

テフロン加工はだいたい2年が寿命と言われますが、
鉄製なら、少々重みはありますが、
使えば使いこむほど焦げつきにくくなるなどのメリットもあって
おすすめです。

日本製だと錆びにくい加工がしてあり、
安心して使うことができる
のも人気の秘密。

日本製の良いものを長く使おうという方が増えているのかもしれません。

外国の鉄製のものは、ちょっと使うのが怖い感じがしますからね。


鉄製のフライパンで人気なのは、リバーライト「極」

「極(きわめ)」シリーズの鉄製フライパンは、安心の日本製で人気です。

錆びにくく、お手入れがとっても簡単ところが、おすすめできる点です。

使いこむほど油がなじみ、焦げ付きにくくなります。

初めの空だきも使い終わったあとの油ぬりも必要なし、使ったら洗って乾燥するだけでOK。

極シリーズの鉄製フライパンの特徴は、普通の鉄製フライパンより焦げ付きにくく、調理が快適なところ。

そして熱伝導が段違い!炒め物がシャキッと、焼き物は香ばしく仕上がります。

自然と鉄分補給できるのも、おすすめできるポイントです。

鉄なので傷に強く、丈夫で耐久性抜群!長く使えます。

何気にすごいのは、鉄製なのにIHにも対応していることです。

この「極」を購入して、いろんなレシピに挑戦しているのが、こちらのブログ「鉄フライパン」です。

鉄のフライパンの購入を迷われている方は、ぜひチェックしてみてください。
写真付きでとっても見やすいですよ!


憧れの鉄製フライパン!おすすめするこれだけの理由 >>

IH対応フライパンのおすすめ

IHクッキングヒーターとは、正式には「電磁誘導加熱」という方式で加熱する調理器のことをいいます。

火を使わず電気だけで稼動するので、空気も汚さず安定した過熱管理ができます。

弱火での加熱でも熱源が消えにくく煮物料理に強く、かつ調理台がフラットな面なのでお掃除も簡単!

でも、お鍋やフライパンなどの調理器具はIH専用のものを使わなければいけません。

オール電化の家が増えてきたこともあって、IH対応のフライパンも種類が増えてきました。

鉄製でもIH対応があるぐらいです。

「ウチはIHだから・・・。」とあきらめることが少なくなり、選択の幅が広がったのは、とってもうれしいですね♪

焦げ付かないフライパンのおすすめは「ruhruルール健康フライパン」

ドイツの焦げ付かないフライパンruhru(ルール)が人気

ルールは、チタニウムとナノダイヤモンドでコーティングされた
ドイツ製の健康フライパンです。

一般的なテフロン加工などのフライパンは、塩によってコーティングが
剥がれ易く使い込んでいくうちにすぐに焦げ付きが発生します。

でもルール健康フライパンは、すべて職人の手作りによる
100%アルミニウム鋳物で 底8mm、側面3.5mmの厚さがあり、
耐熱性、耐磨耗性に優れさらにチタニウムとナノダイアモンドで
コーティングしています。

特にチタニウムは、塩分に強く、
どんな食品を料理しても食べ物が焦げ付きにくいのは、このチタニウムコーティングによるものです。

しかもドイツ基準の生産方式で徹底した品質管理で生産されているので、
安心して長期間使用できます。

また、油を吸収するコーティング素材を使用していないため、
油を使用する食べ物を調理した後にも油がつきにくいため、洗うのが簡単。

食器洗剤の量が少なくて済むエコ商品です。

焦げ付かないフライパンを、長く使いたいという人にはおすすめの商品です。


IH対応で焦げ付かない驚きのフライパンはこちら >>


参考になったと思ったら「いいね!」お願いします♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ