IH対応フライパン選びで迷ったら

参考になったと思ったら「いいね!」お願いします♪

最近オール電化のお家が増えていることもあり、IH専用のお鍋やフライパンがたくさん販売されていますよね。

私も数年前までオール電化のアパートに住んでいたので、もちろんお鍋もフライパンもIH対応のものを使っていました。

でも、今ではガスコンロの家に住んでいるのでIH対応のお鍋もフライパンも今まで通り使用中。

IH専用のものはガスコンロで使ってもいいとか悪いとか色々情報はありますが、使ってに問題なし!と我が家では普通に使っています。

しかしオール電化のアパートに住んだ時は、IH専用のフライパンをどれにするか悩みに悩みました。

引越し費用やら何やら出費も多い時期だったので、お手頃価格で買えるティファールのIH専用フライパン(26センチ)を購入。

ガスコンロ対応のティファールに比べ結構重みがあったけど、当時はデザインと価格に惹かれて即買い。

ティファールのフライパンは、コーティングが剥がれるので強火では調理できず、野菜炒めもチャーハンも常に中火。

熱伝導は良いのですが、強火で調理できるフライパンを買えばよかったと後悔。


近ごろ気になっているフライパンは、ルール(ruhru)の健康フライパン。

IHと直火どちらでもOK、ナノダイヤモンド&チタンのダブルコーティングで油を使用しなくても焦げ付きにくく、調理が楽チン♪

また、油を吸収する素材を使用していないから油料理の後でもフライパンの表面に油が残らず、食器洗剤やすすぎの水の量が少なくても汚れが簡単に落とせます。

IH対応フライパン選びでお悩みの方で健康やエコも考えている方は、ruhru健康フライパンを検討してみてはいかがでしょう?

10年保証付きで、焦げ付かないってすごくないですか?

10年保証の焦げ付かないフライパンruhruの売れ筋はこちら >>


参考になったと思ったら「いいね!」お願いします♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ