ティファールのフライパンを買う前に!長所と短所をチェック

参考になったと思ったら「いいね!」お願いします♪

フライパンは毎日お料理をする人にとっては必要不可欠なものなので、選ぶ時は慎重になりますよね。

私はテレビCMやネットの口コミや売れ筋情報を参考にしたりして、どれにしようか考えたりしています。

フライパン、といえば知らない人はいない「ティファール」のフライパン。

私も以前住んでいたアパートがオール電化だったので、IH専用のティファールのフライパンを使っていました。

今の住まいはガスコンロなのですが、IH専用のティファールのフライパンをそのまま使っています。

しかし我が家のフライパンもそろそろ買い替え時。

次もティファールにしようかどうしようか迷っています。

今や人気は不動のものになりつつあるティファールのフライパンにも一長一短があり、実際に使ってみてわかったことが色々。

まずはティファールの長所はこちらです。

  • 手頃な価格。
  • コーティングしてあるので、少しの油でもこびりつかずに料理ができてヘルシー。
  • 熱がすばやく均一に底面全体に広がり、食材をムラなく加熱できる。
  • 中央にあるマークの模様が消えたら適温に温まった合図なので、食材を入れるベストタイミングが目で見てわかる。
  • 取っ手がとれるフライパンなどのセットは、収納が楽。またオーブンでも使用できるのでハンバーグなどは表面を焼いたら取っ手をとってそのままオーブンへ入れればふっくらジューシーハンバーグに。

次に、短所がこちらです。

  • IH専用のフライパンは特に重く感じる。
  • 数年使えばコーティング加工は剥がれるため、2年くらいで買い替えする人が多い。
  • 強火にするとコーティング加工が剥がれてしまうため、いつも中火~弱火で調理。
  • 使っていくうちに取っ手がガタついてくる。

このように、ティファールに限らず一長一短があるわけですが、やはり毎日フライパンを使う方にとってはフライパン選びは重要ですよね。

ネットの口コミ情報などを参考にしながら、失敗しない選び方をしたいものです。

売れ筋を買うというのは、失敗するリスクを減らしてくれます。

ティファールの売れ筋人気フライパンはこちら >>


参考になったと思ったら「いいね!」お願いします♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ